企業健診・管理業務なら健康プラザ TOP > アウトソーシングするメリット

健康診断・管理を外部化する3つのメリット

企業の規模を問わずコンプライアンス経営が求められるようになったいま、従業員の健康診断・管理は中小企業様におかれましても避けては通れない問題となっています。しかし、ノウハウや割くリソースがなく、現実的に難しいというのが現状ではないでしょうか。そこでご検討いただきたいのが、健康診断・管理業務を行う健康プラザへのアウトソーシングです。アウトソーシングには以下のようなメリットがあります。

メリット1 業務を外部化してコストダウン!

実質的な作業を行うのは健康診断・管理業務の豊富なノウハウを持つプロですから、作業も効率化。人材育成・作業ノウハウ習得にかかる手間と費用がなくなること、スケールメリットを得られることから、コストダウンが実現します。また、業務を外部化することで固定費を変動費化できるなど、コストダウン以外のメリットも得られます。

メリット2 企業の財産である人を守れる!

企業にとっての何よりの財産は、その企業を成している1人ひとりの従業員ではないでしょうか。従業員の心身の健康を守ることが、企業、ひいては社会の創造性と生産性を支える原点となると健康プラザでは考えます。社員の皆様の健康診断から健康づくり、産業医の選定、衛生委員会のサポートなど各種サービスを通し、企業の財産である従業員を守ります。

メリット3 雇用リスクを減らして企業を守れる!

改正労働安全衛生法により企業には健康管理業務が義務付けられました。つまり、健康診断・管理業務を行うということは従業員を守ることはもとより、従業員から訴えられるおそれをなくすなど、雇用リスクの低減にもつながります。法に基づいた健康診断・管理業務を行い、従業員と企業を守りませんか?

健康プラザがニーズに合致した健康診断・管理業務をご提供します。

お電話でのお問い合わせ

03-5774-8837

メールからのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ