企業健診・管理業務なら健康プラザ TOP > アウトソーシングする際のポイント

アウトソーシング先の選び方

コストダウンできる、固定費を変動費化できる、適切な健康診断・管理業務を通して人と企業を守れるなど、様々なメリットがある健康診断・管理業務のアウトソーシング。ですが、アウトソーシング先には様々な会社があり、悩まれてしまう方も少なくありません。アウトソーシング先選びの基本となるポイントをご紹介しますので、ご参考にしてください。

カスタマイズの幅が広い

ひとつとして同じ企業がないように、企業様が抱える健康管理業務におけるお悩みやご要望もそれぞれ異なります。ですから、画一的なサービス内容ですとニーズと噛み合わないところが出てきてしまい、無駄が発生しがち。カスタマイズの幅が広いところを選ばれることをおすすめします。

最適な医療機関を選定している

健康診断・管理業務で重要になってくるのは選定する医療機関でしょう。ですが、健康診断・管理業務のアウトソース機関は医療機関と強いつながりを持つところも多く、そのために企業側にとって最適な選択がなされないことも少なくありません。より適切なサービスを受けるためにも、企業の側に立って医療機関を選定してくれる、医療機関を自由に選べるようなところを選びたいものです。

ニーズをくみ取って提案してくれる

健康診断・管理業務のアウトソース機関はただの代行業者であってはならないと考えます。その企業が抱える悩みや課題を解決するために最適な提案を行うのが、真の健康診断・管理業務のアウトソース機関と言えるのではないでしょうか。アウトソーシング先を選ぶ場合は、企業ごとに異なるニーズをくみ取って提案してくれるかどうかを見てみましょう。

健康プラザがニーズに合致した健康診断・管理業務をご提供します。

お電話でのお問い合わせ

03-5774-8837

メールからのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ